生理痛はないのがあたりまえ

 

生理痛はないのがあたりまえ

「生理は年に1回か2回なんです」

「生理がはじまる前にだるくなったりイライラしたりします」

「生理前は、なぜか甘いものをたくさん食べてしまう」

「生理の1日目、2日目には鎮痛剤は欠かせません」

「生理なんて、こないほうが楽でいいよね」

 

しばしば、こんな声を耳にします。

生理痛って、当たり前ですか・・・?

生理は毎月こないほうが楽でいいですか・・・?

 

いいえ、
生理は女性にとって、美と健康のバロメーターといったもよいでしょう。

 

生理は、一生のうちの35年間、およそ450回ほど訪れます。

そして、本来であれば、生理痛はないのが当たり前です。

生理痛や、生理前のイライラ、だるさ、空虚感、頭痛、腰痛、腹痛などは貴女のからだに何かしら異常が発生している、いわば体からの「助けて!」のサインなのです。

西洋医学では生理痛がある場合、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍などの病気が疑われますが、中医学では主に3つのタイプに分けて考えます。

 


生理痛はないのがあたりまえ気滞(きたい)タイプ

 

生理痛はないのがあたりまえ~気滞きたいタイプ~

 

中医学でいう”気”とは簡単にいうと【体を動かすエネルギー】です。
 

この気の流れが滞った状態を気滞(きたい)といいます。
 

 

【特徴】

・生理前からイライラ、胸や腹が張って痛む
・生理前にニキビや肌荒れがおこりやすい
・生理前に便秘や下痢になる
・生理周期が早まったり遅れたり不安定
・不眠、過食

 


生理痛はないのがあたりまえ お血(おけつ)タイプ

 

生理痛はないのがあたりまえ~おけつタイプ~

おけつ(お血)とは血液の流れが悪く、粘りけを増し、凝固しやすくなった状態のことをいいます。
 

おけつはしばしば頭痛や生理痛といった痛みやしこりを伴い、血の流れが悪いと、酸素や栄養が循環できなくなり、排出すべきものも排出できなくなるので、気の流れも悪くなり、万病のもととなります。
 

しみ・くすみなど、美容のためにも血液サラサラを目指したいものです。

 

【特徴】
・痛みが強く、キリキリ刺すような痛み
・出血が多く、紫っぽい色の血塊が多い
・頭痛、肩こりがある
・シミ、くすみ、そばかすがある

 


生理痛はないのがあたりまえ 血虚(けっきょ)タイプ

 

生理痛はないのがあたりまえ~血虚けっきょタイプ~

厳密にいうと中医学でいう”血”は一般的に言われている血液とは若干異なりますが、体のすみずみに酸素や栄養を送り、老廃物を排出し、身体を温める、という重要な役目を担っています。
 

この”血”が足りない状態を血虚といい、血が足りない=水量が足りない川と同じことで、血のなかを移動する細胞には活動しずらい環境となります。

 

【特徴】

・貧血・立ちくらみ、顔色が悪く爪がもろい
・生理が遅れがち
・生理日数が短い
・月経血は色が薄く水っぽい
・生理の終わり頃から腰や腹が重だるく痛む

 

 

 


 

生理痛の原因それぞれは単体の場合も、複数あわせもつ場合もあります。
 

これらは不妊の原因にも深く関与してきます。
 

それぞれ対応方法が異なりますので、生理痛がつらい方、赤ちゃんが欲しい方、いつかは赤ちゃんを生もうかな、と思っている方、健康美を目指している方、毎月の躁鬱にお悩みの方は、是非一度、東薬局へご相談ください!

きっとお役に立てると思います♪

 

東薬局電話相談