更年期はいつくるの?きたらどうするの?

 

女性だけでなく、男性にもある更年期。一体、いつ頃に訪れるのでしょう・・・?
そして更年期を迎えたらどのように過ごせば良いのでしょう・・・?

 

その答えは、2000年前の中医学の古典【黄帝内経】に記されています。

 

東薬局 黄帝内経~素問~上古天真論

東薬局

 

中医学でいう(じん)とは、腎臓だけではなく、ホルモンや泌尿器系・生殖器系・免疫系の働き全般を指し、これらは生命の根源を支えるものです。

(じん)に蓄えられる生命エネルギー【精】(気)は、男性は八の倍数、女性は七の倍数の年毎に、変化を迎えます。男性は32歳頃がピーク・40歳頃から下降へ、女性は28歳頃がピーク・35歳頃から下降へ、という考え方です。

これは老化現象とも関連があります。(じん)の機能がきちんと働いていないと、女性の場合は早すぎる閉経、男女ともでは早すぎる老化を迎えることになります。

 

 

東薬局 更年期はいつくるの?

女性の場合、閉経をはさむ10年間が更年期ですので、49歳が閉経だとすると、44歳~55歳の間が更年期といえるでしょう。

男性の場合は、閉経はありませんが、おおよそ51歳~61歳くらいの間でしょう。

まず、更年期は誰にでも訪れるもので、必ず過ぎ去っていく時期だということを念頭に置いておいていただきたいと思います。また、老化は自然の摂理なので、防ぐことは出来ませんが、老化現象や更年期の症状を緩やかにすることは出来ます。

 

東薬局 更年期の症状

東薬局 めまい、耳鳴り

東薬局 ほてり、のぼせ(顔が突然カーッと熱くなる症状をホットフラッシュといいます)

東薬局 冷えのぼせ(顔は熱いが、下半身は冷たく冷える)

東薬局 口渇、皮膚の乾燥、かゆみ

東薬局 動悸、息切れ

東薬局 手足のしびれ、むくみ

東薬局 わけもなく突然不安になる、夜中に目が覚めて眠れない

東薬局 鬱になったり、他人と接するのが面倒になる

東薬局 便秘、下痢、性交痛

東薬局 骨粗しょう症

東薬局 失禁、尿漏れ

東薬局 血圧が不安定になる

東薬局 味覚が変わる、目が見えにくくなる

東薬局 体重が急に増える

 

東薬局

これらの色々な症状は一般に【不定愁訴】と呼ばれています。どれも病気とは呼べず、病院へ行っても「更年期ですね」「原因不明ですね」とされ、大抵はホルモン剤やその時々の症状を抑える薬が処方されることが多いようです。

更年期の症状は、全ての人に表れるわけではありませんが、一番つらいのは精神的なものだと思います。精神安定剤、抗うつ剤が悪いとは云いませんが、漢方薬でも同じ効果が得られるものもある、という事を是非覚えておいて頂きたいです。

 

東薬局 更年期を迎える準備

女性の平均寿命が男性より長い理由には、「(日本では主に食事を女性が作っているので)女性は食べたい食べ物を、食べたい時に食べている」こと、や「女性には開き直りという特技がある」ことが挙げられます。

中医学には「薬食同源(やくしょくどうげん)」という考え方があり、毎日の食事も、薬と同じように大切に考えています。

そして、「食べたいもの」「今その人に必要なもの」であることが多く、女性はその自然の原理のまま行動しているといえます。

加えて、女性には問題を抱えて煮詰まった時に「でも仕方ないわよね!」「これで駄目だったらあきらめよう!」という開き直りの特技をもっています。男性にはこれがありません。ですので、発生した問題を一人で抱え込んでしまい、ストレスを解消できずに溜め込んでしまうのです。

食生活も、ストレスも、更年期の症状に大きな影響を与えます。
特にストレスは受けたその日のうちに解消すべきです。

更年期の年齢が近づいてきたら、普段以上に生活習慣や食生活、ストレスの発散方法などを見直してみましょう。これが更年期を迎える準備です。

 

東薬局 一日一万歩(または毎日20分間のストレッチなど軽い運動を日課にする)

東薬局 脂っこいもの、味の濃いもの、加工食品、外食、生ものは控える

東薬局 季節の旬の食べものを、加熱して、積極的に摂る

東薬局 お酒は一日コップ一杯が適量、週二日は休肝日をとる

東薬局 22時(遅くても0時)には就寝、睡眠はしっかり取り、過労に気をつける

東薬局 毎日家族と会話をして、相互理解を深めておく

東薬局 ストレス発散方法をたくさん見つけておく

東薬局 ひとつでもふたつでも、楽しめる趣味を見つけておく

 

東薬局 おすすめの食べもの 東薬局

腎を補う(補腎:ほじん)食べものは、山芋黒米黒豆黒ごま黒きくらげすっぽんうなぎくるみなどです。また、イライラした時や精神的に不安定な時(疏肝理気:そかんりき)には、香りの良い葉物、紫蘇セリパセリ香菜や、かんきつ類の果物生姜などがおすすめです。

 

東薬局 おすすめの漢方薬 東薬局

更年期を迎える準備段階では、おすすめの漢方薬はひとりひとり異なります。

中医学では、気(き:生命エネルギー)・血(けつ:血液)・津液(しんえき:血以外の水)のバランスが整っていることで健康が保たれると考えますが、あなたの体のバランスの崩れているところに対応する漢方薬が、おすすめの漢方薬となります。

まず、バランスが崩れているところを整えていき、腎の機能がキチンと働いていない方は、更年期を待たずに補腎(ほじん)を行っていきます。

 

血虚(けっきょ) 皮ふに艶がない、めまい、立ちくらみ、不眠、動悸、冷え性、手足のしびれ、生理不順、顔色が白い 東薬局 血虚
(けっきょ)
東薬局 婦宝当帰膠
参茸補血丸
帰脾湯
十全大補丸
気虚(ききょ) 顔色が白い、疲れやすい、気力がない、汗をかきやすい、食欲不振、息切れ、泥状便 東薬局 気虚
(ききょ)
東薬局 補中丸
健胃顆粒
麦味参顆粒
西洋人参茶
衛益顆粒
お血(おけつ) 生理痛、生理に塊がまじる、シミ、顔色がどす黒い、刺すような痛みやしびれ、肩こり、しこり 東薬局 オ血
(おけつ)
東薬局 冠元顆粒
田七人参茶
血府逐オ丸
沙棘フラボノイド
気滞(きたい) 怒りっぽい、ため息、憂うつ、イライラ、のどのつまり、生理前に乳房張痛、胸脇部が張って苦しい 東薬局 気滞
(きたい)
東薬局 逍遙丸
シベリア人参茶
痰湿(たんしつ) 肥満、むくみ、手足がだるい、頭が重い、口の粘り、下腹が痛む、黄色のおりもの、尿黄色、便が粘る 東薬局 痰湿
(たんしつ)
東薬局 勝湿顆粒
瀉火利湿顆粒
五苓散
健胃顆粒
五行草
陰虚(いんきょ) 体が熱っぽい、手足がほてる、のぼせ、皮ふがかさつく、口が渇く、目がかすむ、寝汗、不眠、動悸、便秘、舌質深紅・裂紋 東薬局 陰虚
(いんきょ)
東薬局 八仙丸
杞菊地黄丸
天王補心丹

 

 

東薬局 更年期がきたらどうするの?

まず、自分自身の変化について、家族に話して、理解をしてもらいましょう。
出来れば、会社の方や近所の方へカミングアウトしてしまうのも手です。

そして、無理をせず、自分の体調と相談しながら、不調をひとつずつ解決していきましょう。
不安なことは声に出して、メモに書いて、吐き出してしまいましょう。

一日一回は大きな声で笑い、大好きなことをして、スッキリ幸せな気分になりましょう。

 

ここでは、全般的に腎を補う補腎薬(ほじんやく)をご紹介いたしますが、漢方薬は医薬品です。誤った判断で服用すると、効果がないばかりか、悪化させる要因になることもございます。気になる症状のある方は、お気軽に東薬局へご相談にいらしてください。

 

杞菊地黄丸 八仙丸 金匱腎気丸
杞菊地黄丸
(こぎくじおうがん)
[第二類医薬品]
八仙丸
(はっせんがん)
[第二類医薬品]
金匱腎気丸
(きんきじんきがん)
[第二類医薬品]
参馬補腎丸 牛車腎気丸 海馬補腎丸
参馬補腎丸
(じんばほじんがん)
[第二類医薬品]
牛車腎気丸
(ごしゃじんきがん)
[第二類医薬品]
海馬補腎丸
(かいばほじんがん)
[第二類医薬品]

 

 

東薬局
中医学は抗老防衰、アンチエイジングが得意です。

穏やかな更年期を、そして健やかな老後をお過ごしください

 

 

 

岡田厚生堂薬局 お店の紹介へ 東薬局

 

▲TOP