冷え症体質から脱却!

 

冬になると、更に厳しさを増す冷え症は、女性に特に多くみられ、女性にとっては美容だけでなく、健康全般にも影響し、不妊の原因にもなるものです。

体が冷えると何故いけないかというと、体が冷えるとまず血液の循環が悪くなり、次いで気の循環も悪くなるため、体内の臓器の機能低下、免疫力低下につながるからです。また、子宮は冷えを嫌います。

女性にとって冷えは大敵!といっても過言ではありません。

冷え症とともにみられる特徴は、

    風邪をひきやすい
    アレルギーが出やすい
    慢性的な頭痛がある
    慢性化した肩こりがある
    手足がしびれる
    肌につやがない
    肌のくすみ、くまがある
    刺すような生理痛がある

 

冷えのタイプは大きく分けて3タイプ。
あなたの冷えはどのタイプでしょう?

 

 

冷え性 気虚(ききょ)タイプ

 

冷え性

顔色が白っぽく、いつも声が小さく聞こえずらいと言われる、デリケートでストレスに弱く、生理のあとに下腹部が痛くなったりだるくなったりする、風邪をひきやすい、下痢や軟便が多い、といった方は、気(=生命エネルギー)が不足しているかも。

が不足すると、の流れの力で活動する血の流れも悪くなり、胃腸も弱くなります。結果、からだ中に栄養分や酸素、エネルギーのめぐりが悪くなってしまいます。

 

★ポイントアドバイス★
消化の悪いものや乳製品、糖分の多いもの(糖分は体を冷やす)、辛いもの、冷たいもの、生もの、刺激の強いものの飲食は避けましょう。

鶏のハツ・鶏のレバー・あさり・山芋・大豆・人参・栗・もち米・苦瓜・紫蘇・春菊・香菜・セロリ・はすの実・竜眼肉といった気を補ったり、気のめぐりを良くする食べものを積極的に活用してみてください。

また、寝すぎると気を消耗しますので、早寝早起きを心がけましょう。
一日一万歩のウォーキングや太極拳、ヨガやストレッチもおすすめです。

 

 

冷え性 腎虚(じんきょ)タイプ

 

冷え性

手足や腰が冷える、冷えるとおなかや腰が痛くなる、汗をかきにくい、生理中に腰にだるさや痛みがある、不安感や心配事が尽きない、尿の出が悪いことがある、耳鳴りがする、といった方は、のちからが低下しているかも。

生長・発育・生殖を司るのちからが低下すると、簡単にいうと老化現象が表れやすくなります。

その症状は、骨・耳・泌尿器系等に表れてくるもので、からだ自身が温めるちからを失っている状態なので、のちからを強化して正常な働きができるようにしてあげる必要があります。

 

★ポイントアドバイス★
水分の取りすぎや冷たいものの飲食は控えてください。

腎を補う黒米・黒豆・黒ごま・黒きくらげ・ひじきといった黒い色の食べものや、生命エネルギー溢れる木の実やナッツ類、しょうが・ニンニク・ねぎ・山芋・栗・唐辛子・シナモン・朝鮮人参・うなぎ・羊肉を積極的に採りましょう。

また、睡眠不足はいけません。
必要な睡眠時間には個人差がありますが、6~9時間の十分な睡眠をとるよう心がけてください。

 

 

冷え性 お血(おけつ)タイプ

 

冷え性

顔色が黒っぽい、生理痛がひどい、生理に血の塊が混じる、頭痛や肩こりがある、めまい立ちくらみがある、あざができやすく治りにくい、しこりがある、手足がしびれる、くまがある、といった方は、血のめぐりが滞っているかも。

血液は体のすみずみにまで酸素や栄養を届け、老廃物を排出するといった重要な役割を担っています。新鮮で栄養のある血液が作られない、送られないと、子宮の環境も整いません。丈夫な血管をつくり、血液の流れを正常化してあげましょう。

 

★ポイントアドバイス★
冷たいものや生もの、油脂分の高いもの、肉類の飲食は控え、腹八分を心がけましょう。
お酒は控え、たばこはやめましょう。血のめぐりを良くする食べ物は、血液の流れに良いのは、マイワシ・サバ・アジ・うなぎ・玉ねぎ・ししとう・らっきょう・ほうれん草・トマトなどです。積極的に採りましょう。

そして、ストレスは血のめぐりを悪くします。
友達とのお買い物、趣味、カラオケ、旅行など、上手に発散させ、溜め込まないようにしましょう。また、ヨガやストレッチ、太極拳、帰宅時に一駅歩く、朝散歩する、などよく体を動かして、出来れば毎日続けられる簡単な運動をしましょう。

 

 

 

ひとりひとり対応方法が異なりますので、冷え症にお悩みの方は、是非一度、東薬局へご相談ください!きっとお役に立てると思います♪

 

東薬局電話相談