Posts Tagged ‘板藍根’
  • 板藍根(ばんらんこん)

    板藍根(ばんらんこん)は、アブラナ科のホソバタイセイの根のことで、日本では菘藍(しょうらん)または大青(たいせい)と呼ばれ、藍色の染料として用いられてきた歴史があります。 藍染めは奈良時代、平安時代頃から始まり、江戸時代中期には紺屋の名称で藍染め屋が繁盛しておりました。 鮮やかな藍色・・・。 実は武士の鎧の下に着用する下着や、農...
    Read More