Posts Tagged ‘アンチエイジング’
  • 60歳からのアンチエイジング

      4人に1人が65歳以上 ここ数年、総務省は9月15日の敬老の日に、日本の高齢者人口の推計を発表しています。 2014年9月15日の総務省の発表によると、65歳以上の高齢者人口は 3,296 万人で、総人口に占める割合は25.9%となり、4人に1人が65歳以上、また、8人に1人が75歳以上であることがわかりました。2015年には80歳以上の高齢者が1000万人を突破すると予想され...
    Read More
  • 目指せ!秋美人

    夏の疲れがどっと出て、日中は残暑の暑さ、朝夕は秋の涼しさ、寒暖差が激しい季節は、とかく体調を崩しやすい季節です。 お肌にも疲れが出ていませんか・・・? 健康に、かつ美しく! は、女性の常の願いです。 女性に限らず人は、心も体も健康で美しくあった方が良いです。 免疫力が高まると・・・   風邪をひきにくい   病気に...
    Read More
  • 脳アンチエイジング

    大人の脳の重さは、体重の2%ほど、1.4kgくらいです。 脳は、心身の働きのすべてをコントロールする司令塔で、部位によって異なる働きをしています。 よく「人の脳は全体の一割しか使われていない」といわれていますが、それは昔の考えで、現代では「脳の大部分を有効活用している」ことがわかっており、今使用されていない部分は、使用している部分が何...
    Read More
  • 口呼吸はなぜ悪い?

    人間は本来鼻で呼吸をするようになっています。しかし、喘息や花粉症の方のほとんどが口で呼吸をしています。口で呼吸をするので、喘息や花粉症、風邪をひきやすい状態になる、と考えてもよいです。 鼻呼吸と口呼吸、何が違うのでしょうか・・・?   鼻は匂いを嗅ぐ器官ですが、同時に外邪から身を守る役割を担い、一次防衛システムのひとつ...
    Read More
  • 漢方アンチエイジング~腎虚5タイプ

    『漢方アンチエイジング~腎精』のページでは、老化と腎が深い関係にあることをご案内いたしました。 それでは実際に、漢方のアンチエイジング、補腎(ほじん)について、ご案内いたします。     腎虚5タイプ 腎の働きが低下している、腎精が不足している、状態を腎虚(じんきょ)といいます。中医学では、そもそもの原因別に5つのタ...
    Read More
  • 漢方アンチエイジング~腎精

    人は年をとるにつれて、あらゆる老化現象に悩まされます。 平成17年総務省の統計によりますと、男性78.5歳、女性85.5歳です。その平均寿命の値は、WHO(世界保健機構)による加盟192カ国のうち人口100万人以上の149カ国の統計で日本が世界一となっています。 日本はとても恵まれた環境であるといえると思います。 ですが、死ぬまでに健康でいられる方はどの...
    Read More