漢方アンチエイジング~腎虚5タイプ

『漢方アンチエイジング~腎精』のページでは、老化と腎が深い関係にあることをご案内いたしました。

それでは実際に、漢方のアンチエイジング、補腎(ほじん)について、ご案内いたします。

 

東薬局  腎虚5タイプ

腎の働きが低下している、腎精が不足している、状態を腎虚(じんきょ)といいます。中医学では、そもそもの原因別に5つのタイプに分けて対応していきます。

下の図のチェック項目の多いものがあなたのタイプです。

人によって複数当てはまる方もいらっしゃいますが、その場合は複合タイプとなります。 タイプにあった対策を講じ、いつまでも若々しく過ごしましょう!

 

腎虚じんきょ5タイプ

 

東薬局  腎陽虚(じんようきょ)タイプ

エネルギーを作る力が衰えている方です。
ですので、寒がりで手足も冷えやすく、だるくなりやすいのです。精神的にも弱くなりやすく、やる気・根気といった感情が萎えています。

また、エネルギーは筋肉に関係していますので、エネルギーが足りないと筋肉も弱くなり、ひざ・腰・膀胱・肛門・生殖器などに衰えを感じる方も多いのが特徴です。

 

東薬局  心腎陰虚(しんじんいんきょ)タイプ

脳神経の働きが弱っている方です。脳内には階層があるので、どこの階が衰えているかで症状が違います。
下の階なら「眠れない」「眠りが浅い」「動悸」など。中の階なら「不安」「イライラ」など。上の階なら「物忘れ」「感情が希薄」など、といった感じです。

このタイプの方は認知症に注意が必要です。

 

東薬局  肺腎陰虚(はいじんいんきょ)タイプ

体内の水分が足りない、または水分代謝がうまく出来ない状態になっています。
特に肺が乾きやすく、いくら水を飲んでも全身に行き渡らないので、口が渇く、咳がでる、皮ふが乾燥する、便が固いなどといったことになります。

 

東薬局  肝腎陰虚(かんじんいんきょ)タイプ

肝の力が衰えている為に 、肝と関係の深い目が弱りやすいです。目が乾く、疲れ目、見えにくいといった目の症状の他、めまい、耳鳴りを起こしやすいです。

このタイプの方は血圧が上がりやすい傾向にあるので注意しましょう。

 

東薬局  陰虚火旺(いんきょかおう)タイプ

体内機能が暴走しやすい状態です。体内に熱が発生しやすく、手足がほてる、寝つきが悪いといった事になります。熱が過剰ですから、水分がすぐに足りなくなって、つばや涙が出にくいのです。

 

 

東薬局  食養生

東薬局  循環を良くする食べ物

なす、らっきょう、黒きくらげ、黒豆、イカ墨、さんざし・・・など

 

東薬局  腎を補う食べ物

ラム肉、えび、山芋、いんげん、ニラ、栗、くるみ、ごま、松の実、くこの実、ハマナスの花、みかんの皮、ハトムギ・・・など

 

 

東薬局   代表的な漢方薬とオリエンタルハーブ

 

更年期にオススメ
生薬 説明 主な漢方薬
鹿茸
(ろくじょう)
鹿茸には生命エネルギーが蓄えられており、子供の発育や衰えた組織の強化や再生を促す。生薬として使われるのは、まだ角化していない幼角がよいとされている。
参茸補血丸
参茸補血丸
さんじょうほけつがん
地黄
(じおう)
地黄は腎精を補うのに優れ、足腰がだるい、手足がほてる、寝汗、耳鳴り、脱毛などに幅広く活用されている。
参馬補腎丸
参馬補腎丸
じんばほじんがん
杜仲
(とちゅう)
杜仲には腸からのコレステロールの吸収を抑制したり、血圧を下げる働きが。薬用としては杜仲の樹皮を使う。

 

血管の若さを保つのにオススメ
生薬 説明 主な漢方薬
丹参
(たんじん)
血行を促進したり、血管を丈夫にする。
冠元顆粒
イスクラ冠元顆粒
かんげんかりゅう
沙棘
(さーじ)
グミ科の植物で、沙棘(サージ)果実からはオイル成分、果汁成分、果皮と果肉からはフラボノイド成分が抽出されている。
沙棘オイルはベータカロチンやビタミンE、脂肪酸が含まれ、シワやたるみ予防に、沙棘果汁はメラニン抑制に、沙棘フラボノイドは肌を潤しツヤを与える。
紅沙棘
紅沙棘
ほんさーじ

 

目のトラブルにオススメ
生薬 説明 主な漢方薬
菊花
(きくか)
「明目(めいもく)」と呼ばれる視力回復の働きがあり、眼精疲労、目の炎症・かゆみなどによい。また、血圧を下げるのでめまい・ふらつき・頭痛の緩和にもよい。
杞菊地黄丸
杞菊地黄丸
こぎくじおうがん
枸杞子
(くこし)
枸杞子にも明目作用があり、菊花と併せてよく使われる。補腎作用もあり、腰やひざのだるさにもよい。

 

耳トラブルにオススメ
生薬 説明 主な漢方薬
磁石
(じせき)
鉱物は重いので、上に昇りすぎたものを下に降ろす、といった作用があると考える。のぼせを降ろし、中枢神経の興奮状態による聴力低下やイライラ、不眠などに使われる。
ジメイ丸
ジメイ丸
耳鳴丸
柴胡
(さいこ)
ストレスを発散し、肝と胆(たん)の経絡(けいらく)のとおりをよくし、新陳代謝を活発にする。

 

骨にオススメ
生薬 説明 主な漢方薬
独活
(トウドクカツ)
ウコギ科ウドの根茎で、筋肉や関節などのこわばりや疼痛、関節の痛み・しびれ、目の充血・痛み・かすみ目、皮膚のそう痒、痙攣性疾患などに用られる。
独歩顆粒
独歩顆粒
どっぽかりゅう
桑寄生
(そうきせい)
ヤドリギ科桑寄生の枝葉を乾燥したもの、肝腎を補って筋骨の強化や、風湿を除いて腰や関節の痛みの緩和、胎動不安や妊娠時の出血、また高血圧や狭心症にも応用。

 

 

東薬局  漢方薬やオリエンタルハーブを適切に選ぶことで、ぐっと近道ができます。

漢方薬は医薬品です。自分の証にあったものでなければ効果が期待できないばかりか、症状を悪化させる可能性もあります。
ご利用の際には必ず専門スタッフにご相談ください 東薬局

 

東薬局電話相談

 

▲TOP