多汗?のどの渇き?甲状腺ホルモンの病気

手の震え、汗がとまらない

東薬局  手が震える。
東薬局  汗が止まらない。
東薬局  のどが渇く。
東薬局  疲労感、倦怠感がある。
東薬局  脈が速い、脈が遅い。

病院では、更年期障害か、うつ病ではないか、と診断されやすく、症状を訴えている本人が不安に思って血液検査を受けると発見される病気があります。
甲状腺ホルモンの病気です。

 

甲状腺ホルモンの病気は大きく2つ、ホルモンの分泌量が過剰になるバセドウ病などの甲状腺機能亢進症と、分泌量が低下する橋本病などの甲状腺機能低下症があります。

 

  機能亢進症 機能低下症
主な症状 ほてり、動悸、息切れ、イライラ、多汗、疲労感、倦怠感、月経不順、集中力の低下、体重減少、下痢、目が飛び出る、のどあたりが膨張する むくみ、食欲不振、冷え性、便秘、体重増加、もの忘れ、脱毛、疲労感、倦怠感、不眠、眠気、脈が遅い、のどあたりが膨張する
検査方法 血液検査(血液中の甲状腺ホルモン濃度など)、画像検査

 

甲状腺ホルモンの病気を発症しやすい年齢は、20代~40代くらい、厚生労働省発表の資料によると、女性が男性の5倍の発症率といわれています。

 

 

東薬局  甲状腺ホルモンの役割

甲状腺ホルモンは食べものに含まれるヨード(ヨウ素)から合成されるホルモンで、全身の細胞の代謝をコントロールする働きをもっています。また、代謝時のエネルギーを利用して体温を調整したり、胎児や幼児が成長、発達するために必要不可欠なホルモンでもあります。

 

東薬局

 

甲状腺ホルモンが過剰すぎると、脈が速くなったり、体温が上昇し、手の震えや多汗といった症状が表れます。逆に甲状腺ホルモンが低下しすぎると、脈が遅くなり、疲れや眠気が常にある状態、体が冷えてむくみ、肌や髪の乾燥、といった症状が表れるようになります。

甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても良くなく、バランスが大事ということですね。

 

 

東薬局  治療方法

東薬局  甲状腺機能亢進症
バセドウ病などの甲状腺機能亢進症の場合は、抗甲状腺剤などの薬物治療、また手術による甲状腺摘出や放射性ヨード療法などがあります。

東薬局  甲状腺機能低下症
橋本病などの甲状腺機能低下症の場合は、甲状腺ホルモン剤などの薬物治療が一般的です。

 

 

東薬局  中医学の甲状腺ホルモン対応

中医学では、甲状腺機能亢進症気鬱化火陰虚陽亢気陰両虚と考えます。

旺盛すぎる生命エネルギー活動を落ち着かせます。瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)、天王補心丹(てんのうほしんたん)などの漢方薬があります。

甲状腺機能低下症脾陽虚脾腎陽虚陽虚水氾気血両虚と考えます。

健胃顆粒、参馬補腎丸、十全大補湯、補中丸などを用いて、低下している生命エネルギー活動を補います。

※漢方薬は医薬品です。
服用の際は必ず漢方薬専門スタッフにご相談ください。

 

 

東薬局電話相談

 

▲TOP