五味について

中医学には、薬食同源(やくしょくどうげん)という言葉があります。薬を飲むことと、食べることは同じくらい大切、という意味です。

食べものはその作用により、甘い・辛い・鹹(しおから)い・すっぱい(酸)・苦い、という五つの味(五味)に分類されています。

ほとんどは食べ物の味そのままですが、いくつかは味覚と異なる分類だったり、また複数の味に当てはまる食べ物もあり、例えばりんごは甘と酸の2つの味を持っています。

中医学の食養生は、その方の体質や状態に合わせて、適切な味を選び、食事によって健康を作っていこう、というものです。

 

五味

 

五味(ごみ)には健康を保つための働きがあります。
そして、上図のように相当する臓器と深い関わりがあり「甘」は脾臓、「辛」は肺、「鹹(しおからい)」は腎、「酸」は肝、「苦」は心と関係があり、それぞれの五味は五臓を養いますが、摂りすぎると五臓を傷つけます。

例えば、苦い味は心を養いますが、苦い味ばかりたくさん摂りすぎると心を傷つけ、眠れない・夢を多くみる、といった症状が表れるようになります。

五味の作用を覚えておくと、その日の体調にあわせて食生活に活用することができます。吹き出物がでたら苦味の食べ物を、疲れたときは甘味の食べ物を、といった風に工夫して心身のバランスを整えてみてください。また、味の濃いものは内臓全体の働きを低下させるので、うす味を心がけたいものです。

また、食べ物には大別して体を温める作用のある「温・熱性」と、体を冷やす作用のある「涼・寒性」、どちらにも属さない「平性」の3つの性質があります。

体調や体質にあわせて、冷える時は「温・熱性」の食べ物を、のぼせがある時は「涼・寒性」の食べ物を摂るようにして、体の中からバランス良く体調を整えていきましょう。

 

 

東薬局  甘 ・・・ 脾 ・・・ 消化器系

牛肉・いわし・あゆ・かつお・うなぎ・鶏肉・人参・山芋・さつまいも・白菜・ごぼう・りんご・いちじく・柿・さくらんぼ・バナナ・牛乳・米・小麦粉・大豆・砂糖・はとむぎ

滋養強壮・疲労回復の作用があるので、疲れたときに摂ると癒されます。
また胃痛・頭痛・生理痛などの痛みを和らげたり、冷えにも良いとされています。

しかし食べ過ぎると腎臓・膀胱を傷めるため、毛髪・肌に良くなく、浮腫みの原因となります。「鹹味」で加減します。

 

 

東薬局  辛 ・・・ 肺 ・・・ 呼吸器系・皮毛

にんにく・らっきょう・ニラ・ねぎ・わさび・生姜・紫蘇・セリ・銀杏・ミント・杏・ 金柑・唐辛子・こしょう・はっかく・丁子・ウイキョウ

発汗作用と気血のめぐりを良くする作用があるので、体内に滞ったものを外へ排出する目的で活用すると良いでしょう。また、冷えや消化不良にも活躍します。 食べ過ぎると、気が消耗するので肝臓・胆嚢・目を傷めることにつながります。「酸味」で加減します。

 

 

東薬局  鹹(しおからい) ・・・ 腎 ・・・ 泌尿器系・生殖器系

牡蠣・かに・アサリ・いわし・いか・豚肉・栗・くるみ・昆布・海苔・わかめ・もずく・ひじき・味噌・醤油・岩塩(にがりを含んだ)

体を潤す作用と利尿作用があります。しこりをやわらかくするのでリンパ節の腫れや痛み、便秘に良いでしょう。 但し食べ過ぎると血の粘度があがり、よって血の流れが滞るので心臓や小腸を傷める傾向にあります。「苦味」で加減します。

 

 

東薬局  酸 ・・・ 肝 ・・・ 肝臓・自律神経系

ぶり・みょうが・トマト・小豆・レモン・あんず・ゆず・すもも・ぶどう・りんご・サンザシ・梅干・ 酢・ヨーグルト

主に収斂作用。具体的には多汗・寝汗・下痢・頻尿や気の漏れなどを抑えたり、逆にウイルスの入り込む隙を無くす作用をもちます。 とはいえ、食べすぎると、すい臓・胃を傷めますので「甘味」で加減します。

 

 

東薬局  苦 ・・・ 心 ・・・ 精神・循環器系

鶏レバー・豚レバー・うど・かぶ・ごぼう・レタス・苦瓜 ・セロリ・筍 ・あんず・みかんの皮・ひじき・アロエ・パセリ・菊花

体の熱をさまし、余分な水分(毒)を排出する作用があります。のぼせ・イライラ・発熱・湿疹・吹き出もの・便秘の改善に役立ちます。とはいえ、食べ過ぎると肺・大腸・鼻を傷めるため風邪にかかりやすくなります。「辛味」で加減します。

 

 

東薬局  食性

東薬局  体を温める食物

牛肉・羊肉・鶏肉・馬肉・鯵・穴子・鰯・海老・うなぎ・フグ・かぼちゃ・かぶ・玉ねぎ・長ネギ・キャベツ・うど・紫蘇・生姜・ピーマン・ふき・らっきょう・ししとう・玄米・もち米・あんず・さくらんぼ・みかん・桃・ライチ・栗・胡桃・大豆油・味噌・酒・ナツメグ・ジャスミン・紅花・ナツメなど。

 

東薬局  体を冷やす食物

鴨肉・スッポン・あさり・牡蠣・カツオ・しじみ・たこ・どじょう・はまぐり・きゅうり・セロリ・ごぼう・ナス・冬瓜・金針菜・筍・レタス・れんこん・ほうれん草・こんにゃく・黒きくらげ・昆布・海苔・わかめ・葛・粟・小麦・そば・緑豆・柿・スイカ・パイナップル・バナナ・ブルーベリー・メロン・シナモン・菊花・はと麦・百合など。

 

東薬局  どちらにも属さない平性の食物

豚肉・鶏卵・あわび・カレイ・秋刀魚・さば・いか・なまこ・たら・まぐろ・スズキ・ぶり・牛乳・大根・人参・アスパラガス・ちんげん菜・なずな・絹さや・水菜・白きくらげ・ひじき・ゆり根・いちご・いちじく・ぶどう・りんご・サンザシ・はすの実・枸杞子・柚子・銀杏・ごまなど。

 

 

ほとんどの方が体験してきたとおり野菜や果物はその季節にあった作用をもっています。

春に芽吹く香りの良い野菜は、高ぶりがちな精神を落ち着かせ、夏野菜のきゅうりやナス、すいかは体の熱を冷まし、余分な水分を外へ排出してくれるといった作用をもっています。

本来の季節感を無視して、ビニールハウスで育ったすいかを冬場に食しても、体が冷えたり、冬場に必要な水分(潤い)を排出してしまうので、夏野菜を冬に食べても、体にとっては逆効果ということです。

体調や体質にあった食べものを食べる、そして季節の旬の食べものを食べる、もちろん加熱して腹七分もしくは腹八分で。これが食養生の大切なポイントです東薬局

 

 

東薬局電話相談

 

▲TOP