赤ちゃんが欲しい

 

不妊というのは、病気ではありません。

避妊をせず、赤ちゃんを望んでいるご夫婦が、2年以上妊娠されない場合を不妊(症)と呼んでいます。

不妊というと、女性側の問題としてとらえがちですが、最近は環境ホルモンや食生活、ストレスなどの影響などで、男性の不妊も増えてきています。

WHO(世界保健機関)が調査した約7000組の不妊カップルのうち、女性のみの原因は41%、男性のみの原因は24%、男女両方ともは24%、と、女性男性ほぼ半々の割合で原因があるということがわかります。

夫婦二人三脚で!

ですから、お時間の都合さえあえば、赤ちゃんが欲しい方は是非ご夫婦ご一緒にいらしてください。

赤ちゃんが生まれたあとの子育ては、ご夫婦の協力が不可欠となってきます。

赤ちゃんが生まれる前から、育児の準備期間として考えても良いと思います。

ここでは、不妊原因に多いものをとりあげてみたいと思います。


不妊 子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮に出来る良性の腫瘍です。 筋腫は周りの正常な筋層を押しのけながら、時間をかけて少しずつ成長していきます(妊娠中でも!)。

一般的に成人女性の30%ほどに子宮筋腫があるのではないかと考えられており、顕微鏡で確認しないと見えないような小さな筋腫であれば、ほとんどの成人女性にあるだろうと考えられています。そのくらい子宮筋腫はありふれたもので、閉経まで気づかない事も多いです。子宮筋腫はできた部位や大きさによって症状も治療方法も違ってきます。

子宮筋腫があっても、妊娠・出産は多くの場合可能ですが、発症する箇所や大きさによって、受精卵の着床の妨げになる場合もあります。
また、妊娠したあとに、発育の途中で流産・早産になる可能性もあります。

 


不妊 子宮内膜症(チョコレート嚢腫)・子宮腺筋症

子宮内膜は、卵巣ホルモンの影響で増殖・肥厚しますが、卵巣ホルモン分泌の低下により剥離し、生理となって体外へ排出されます。

子宮内膜の組織はもともと子宮腔の内側にあるのですが、まれに他の異なる箇所に発生すると、「子宮内膜症」また「子宮腺筋症」になります。


不妊 高プロラクチン血症(高PRL)

プロラクチンは脳下垂体から分泌されるペプチドホルモンの1種で、乳腺の発達を促進させ乳汁分泌を促したり、成長ホルモンに似た構造でさまざまな生理活性を有しています。

授乳期間中はプロラクチンの血中濃度はあがり、それにより排卵が抑制されるのです。赤ちゃんへの授乳期間は妊娠をさせない、という実によくできた人間の体のメカニズムです。

ところが授乳期間でもないのにプロラクチンが多く分泌され、血中濃度があがる場合があります。そのような状態を高プロラクチン血症といいます。 不妊原因の約30%ともいわれています。


不妊 黄体機能不全(LPD)

黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌不全により、子宮内膜の分泌性変化が完全に起こらないもの、 または子宮内膜が適切に反応していない状態を黄体機能不全といいます。


不妊 黄体化未破裂卵胞(LUF)

黄体化非破裂卵胞とも言い、卵子が何かの原因で留まってしまい卵胞から放出されずにいるものです。

黄体化未破裂卵胞の原因は解明されていませんが、子宮内膜症や骨盤内炎症性癒着、多嚢胞性卵巣などと関連があると言われており、黄体機能不全とも深く関連します。


不妊 多嚢胞性卵巣症候群(PCO・PCOS)

卵巣にはたくさんの卵細胞があり、だいたい月に1つくらいの割合で成熟して排卵します。 卵細胞は卵胞という袋に包まれており、少しづつ発育しますが2cmくらいになると破裂して排卵されます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCO・PCOS)とは、卵巣に卵胞がたくさん出来るのですが、なかなか排卵できない病気です。


不妊 造精機能障害

不妊、男性因子の約8割~9割が造精機能障害といわれています。 そのうち5割から7割は、突発性造精機能障害といって原因不明です。

乏精子症、無精子症、精子無力症、奇形精子症など、精子の異常により不妊となります。 成人してからの高熱は、造精機能障害の原因のひとつになります。


不妊 精路通過障害

精管の一部が欠けるなどして、精子が通過できず無精子症になります。 不妊、男性因子の約1割が精路通過障害といわれています。

先天的な精管欠損症の他、手術の際に精管を切断したり、炎症の後遺症などで精路が塞がってしまったり、発育障害による閉塞が原因とされています。


不妊 精子機能障害

精嚢炎、前立腺炎、精巣上体炎、抗精子抗体などの免疫異常が含まれます。

精子造成の機能自体に問題はありませんが、精子の機能が低下している場合をいいます。


不妊 性機能障害

勃起障害、逆行性射精、射精不能、早漏、高度の尿道下裂、性欲の低下などが含まれます。

多くの場合、心理的なストレスなどが原因となる為、メンタル面でのケアが重要と考えます。

 

東薬局電話相談