男性不妊の不妊因子

男性不妊

男性不妊(不育ともいう)とは、夫婦結婚同居生活2年以上で避妊せず、女性側に問題なく、妊娠しないことを指します。

WHO(世界保健機構)の男女別不妊原因調査では、女性のみ・・・41%、男女共・・・24%、男性のみ・・・24%、原因不明・・・11% です。

男性に不妊の原因があるカップルが4組に1組、男女共に不妊の原因があるカップルも4組に1組、と、男性不妊が増加しています。
男性不妊の原因には、下記のようなものが挙げられます。

 

     性機能障害
     造成機能障害
     精子機能障害
     精路通過障害

  

男性不妊因子

  

男性不妊  性機能障害

性機能障害には、勃起障害、逆行性射精、射精不能、早漏、高度の尿道下裂、性欲の低下などが含まれます。

男性の性器は、交感神経、副交感神経(骨盤内臓神経)、及び体性神経(陰部神経)の支配を受けています。

精神的、感情的興奮や外陰部への刺激が中枢神経を介して勃起を誘発します(勃起神経)。
そして精液が後部尿道に排出され尿道圧が高まり、陰茎筋群の収縮がおこり精液が体外へ射出されます(射精機能)。

多くの場合、心理的なストレスなどが原因となる為、メンタル面でのケアが重要と考えます。

心理的なストレスの解消にはもちろん生活習慣の改善が第一ですが、仕事や避けられない逃げられない事情などもあります。

そんな時は漢方薬が助けになってくれます。ちょっとした工夫でセルフケアをしてみましょう。

男性不妊  造成機能障害

不妊、男性因子の約8割~9割が造精機能障害といわれています。

そのうち5割から7割は、突発性造精機能障害といって原因不明といわれており、現代医学において、これといった治療法は確立されていません。

乏精子症、無精子症、精子無力症、奇形精子症など、精子の異常により不妊となります。

成人してからの高熱は、造精機能障害の原因のひとつになります。

男性不妊  精子機能障害

精嚢炎、前立腺炎、精巣上体炎、抗精子抗体などの免疫異常が含まれます。

精子造成の機能自体に問題はありませんが、精子の機能が低下している場合をいいます。

無精液症(精液が出ない状態)
無精子症(精液中に精子が認められない)
乏(ぼう)精子症(精液中の精子の数が少ない)
精子無力症(精子の運動率が低い)

のいずれか又は複数です。

少なくても2回以上の精液検査が望ましいです。

禁欲期間が長ければ精子の数は若干増えますが、質は落ちていきますので溜めればいいというものでもありません。

また、精子の質を落とす要因には、タバコ・お酒の多飲なども含まれますので、赤ちゃんを望まれる方は控えたほうが良いでしょう。

男性不妊  精路通過障害

精管の一部が欠けるなどして、精子が通過できず無精子症になります。

不妊、男性因子の約1割が精路通過障害といわれています。

先天的な精管欠損症の他、手術の際に精管を切断したり、炎症の後遺症などで精路が塞がってしまったり、発育障害による閉塞が原因とされています。

 

男性不妊 では、中医学ではどのように考えて、どのように対応していくか、来月また書いていきたいと思います。 男性不妊

 

東薬局電話相談