周期法とは

 

中医学で赤ちゃんが欲しい方をサポートする方法として、周期法があります。

  

周期法は、基礎体温表を指標とし、女性のからだのリズムを28日周期で考え、月経期・卵胞期・黄体期、とそれぞれの期間の特徴にあわせ、漢方薬を上手に活用していく方法です。

  

今現在、「わたしの周期は20日なんだけど・・・」「生理は年に2回くらいしかこないんだけど・・・」という方も、是非一度基礎体温表をつけてみてください。

基礎体温表には女性のからだのリズムが如実に現れ、不妊対策のほか、生理痛や更年期といった、女性の心身を整えるのに、実によく役立ちます。

  基礎体温表はこちらから 基礎体温表のページへ!ああああああ

  3つの期間  3つの期間

周期法

周期法は体に無理なく妊娠を目指す方法としてとても画期的ですが、すべての方がいきなり周期法を行えるとは限りません。

度重なるホルモン治療で体のバランスが崩れている方や冷えや血のめぐりが極端に悪い方、無排卵の方などはその問題を解決したあとで周期法に移ります。

  生理期  生理期

生理期は、不要になった粘膜を剥離・溶解して生理として排出する期間です。次の新しい1個の卵子を迎えるため新しく環境作りをするおそうじをするわけです。 このように組織を一から作り直す器官は他にありません。

排出される&もう一度作り直す、ので、当然栄養分になる気と血がたくさん必要になります。

この時期はまず下半身を冷やさない事、そして不足した血を養うことが最重要。なつめやプルーン、黒豆など、良い気と血を補ってくれる食べものを積極的に摂りましょう。

  卵胞期  卵胞期

卵胞期には、卵巣内では1個の卵胞が成熟に向かいます。つまり質の良い卵を育てる時期、各細胞へ栄養とホルモンの供給が円滑にすすむように心身ともに健康でありたいものです。

しっかり動いてきれいな酸素を体内に入れ、気の流れを良くしましょう。ストレッチや太極拳、ウォーキング、ヨガなどがオススメです。

また睡眠を十分に取ることも大切です。赤身の肉、大豆、卵など良質なたんぱく質をしっかりとりましょう。

  黄体期  黄体期

高温期は受精卵を着床・養育できる体制を整える時期です。 エネルギー代謝を高め、生理期や卵胞期より0.3℃~0.5℃体温を高く維持します。

この時期はすでに着床している可能性もあるので、激しい運動は避けましょう。

血流が良いと赤ちゃんのベッドである子宮内膜がふかふかで温かい状態になります。しょうがやにんにく、羊肉、鶏肉で体を内側から温めましょう。香辛料は使いすぎないように。

 

東薬局電話相談