中医学で考える男性不妊

 

男性不妊の不妊因子では、男性不妊の現代医学的な不妊因子のご紹介をいたしました。

男性不妊
  

中医学の観点から考えると、男性不妊の多くは、腎気(じんき)というエネルギー不足です。

多くはこの腎気(じんき)を補ったり、調整したりすることで体全体の調子を整えて、赤ちゃんが恵まれやすいよう導いていきます。

  

次に多いのが、ストレスやプレッシャーで精神バランスの乱れが原因の精気(せいき)不足です。

抗ストレス作用のある漢方薬を用いて本来の精神活動が出来るよう促します。

 

 

タイプ 主な症状 主な原因
腎陰虚
(じんいんきょ)
性的興奮しやすい・性欲亢進もしくはインポテンツ、早漏、遺精、精液量少、乏精子症、運動率低下、死滅精子が多い、精液不液化 陰虚体質。
気患い、自慰、性行為過剰(特に若い頃に自慰を多くした方に多い)。陰が足りない為、陽が過剰となり、全身の潤いが不足する。
腎陽虚
(じんようきょ)
脾腎陽虚
(ひじんようきょ)
インポテンツ、早漏、滑精、乏精子症、運動率低下、死滅精子が多い
脾腎陽虚は上記+性欲低下、精液稀薄、奇形率が高い
体を温める腎陽が弱く、腎精(エネルギー)が不足している。
高齢者、中年の早老・早衰の方に多い。先天的に体が弱い。
精気不足
(せいきぶそく)
気血不足
(きけつぶそく)
精気不足:乏精子症、運動率低下、インポテンツ、早漏、奇形率が高い 

気血不足:乏精子症、運動率低下、インポテンツ、早漏、性欲低下、射精無力

精神活動には気血(きけつ)が必要だが、神経の使いすぎによって、睡眠や食事が満足に取れていない結果、胃腸の働きが衰え気血が不足する。
頭脳労働の方に多い。
湿熱
(しつねつ)
インポテンツ、血精症、膿精症、精液不液化、死滅精子が多い、運動率低下、奇形率が高い 体内の水分と熱が下半身に停滞している。肉・脂肪・甘いものの摂り過ぎで胃が重だるい。お酒の飲みすぎ。性的行為過剰。泌尿器系炎症。
痰湿
(たんしつ)
性欲低下、インポテンツ、陰茎のしこり、慢性前立腺炎、前立腺肥大、乏精子症、精液不液化、運動率低下 疲労が慢性化し、エネルギーを使いたくない。
毎日時間に追われている方に多い。
肝鬱気滞
(かんうつきたい)
性欲減退、インポテンツ、早漏、不射精、精子減少、高プロラクチン血症 緊張・不安・心配・情緒不安。性的行為中に無理に射精を我慢する。精神的な不調和で精力が弱まっている。
気滞血お
(きたいけつお)
精索静脈瘤、インポテンツ、精管詰り、不射精、陰茎のしこり、前立腺肥大、閉塞性無精子症もしくは乏精子症 仕事や人間関係によるストレスやプレッシャーが多い、または不妊治療によるストレスやプレッシャーで精神が疲労している。

 

 

中医学でいう腎とは、生長・発育・生殖を主るものです。

岡田厚生堂薬局
精子の数の減少、質の低下、活動能力の低下を予防・改善するため、つまり精子が元気になるためには、まずは腎の機能がキチンと働いてくれることが不可欠といえます。

また、精気(せいき)不足湿熱(しつねつ)は多くの場合、煙草・お酒の飲みすぎ、ストレスや疲労の蓄積、睡眠不足といった生活習慣や、食生活に起因します。

まず、生活習慣と食生活を振り返ってみましょう。

 

男性不妊  生活養生法  男性不妊  男性不妊

 

  男性不妊  規則正しく十分な睡眠時間をとる
  男性不妊  適度に運動し、上手に気分転換をする
  男性不妊  脂っこいもの、辛いものを控える
  男性不妊  アルコール、たばこを控える
  男性不妊  野菜たっぷりの和食中心で、腹八分目を心がける
  男性不妊  性生活を適度(週一回or二週に一回)にし、過労しないようにする
  男性不妊  熱いお湯を避け、ぬるま湯につかる
  男性不妊  適度に日光浴をする

 

男性不妊  オススメ漢方薬  男性不妊

男性不妊
軽度の場合は、八味地黄丸(はちみじおうがん)または八味地黄丸に牛膝(ごしつ)と車前子(しゃぜんし)を加えた牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)プラス補中益気湯(ほちゅうえっきとう)といった植物性の漢方薬でも良いのですが、中国漢方には同類相補(機能や形などが似たもので補うこと)という考え方があります。
 

男性不妊の場合はやはり海狗鞭(かいくべん:オットセイまたはゴマフアザラシのペニス)鹿鞭(ろくべん:マンシュウジカのペニス)鹿茸(ろくじょう:鹿の幼角)海馬(かいま:タツノオトシゴ)といった補精作用の強い生薬が配合された漢方薬をおすすめします。
 

そして大事なことは、ひとりひとりの体質や症状にあった漢方薬を選ぶことです。漢方薬は医薬品です。
 

『とにかく海狗鞭(かいくべん)がイイらしい!』と焦って飲むのではなく、必ず、中医学(漢方)の専門スタッフにご相談くださいね☆

 

赤ちゃんが欲しい方だけでなく、早すぎる老化や緩やかな老化のためにも役立ちます。

赤ちゃんが欲しい方、精子を元気にしたい方はお気軽に東薬局へご相談にいらしてください♪

東薬局電話相談