東薬局

  • 多汗?のどの渇き?甲状腺ホルモンの病気

      手が震える。   汗が止まらない。   のどが渇く。   疲労感、倦怠感がある。   脈が速い、脈が遅い。 病院では、更年期障害か、うつ病ではないか、と診断されやすく、症状を訴えている本人が不安に思って血液検査を受けると発見される病気があります。 甲状腺ホルモンの病気です。   甲状腺ホルモンの病気は...
    Read More
  • 肺炎予防に漢方薬

    日本人の死因原因はがん、心疾患、次いで肺炎です。その95%は65歳以上です。(厚生労働省、人工動態統計による) 症状としては、   38℃以上の発熱 高齢者は発熱しない場合もある。   激しい咳 細菌性の肺炎は黄色や緑色の痰を伴い、その他は乾いた咳。   胸が痛い・胸が苦しい 重症化すると血液中の酸素が足りなくなりチアノーゼ...
    Read More
  • 60歳からのアンチエイジング

      4人に1人が65歳以上 ここ数年、総務省は9月15日の敬老の日に、日本の高齢者人口の推計を発表しています。 2014年9月15日の総務省の発表によると、65歳以上の高齢者人口は 3,296 万人で、総人口に占める割合は25.9%となり、4人に1人が65歳以上、また、8人に1人が75歳以上であることがわかりました。2015年には80歳以上の高齢者が1000万人を突破すると予想され...
    Read More
  • 星火鹿亀仙せいかきろくせん

    「赤ちゃんが欲しい」 「不妊治療がうまくいかない」 「もう赤ちゃんは無理なのかな」 と妊娠・出産を望まれるご夫婦、奥様、旦那様、 こんな症状ありませんか・・・? □  疲れやすい、風邪をひきやすい □  イライラしやすい、物忘れが多い □  汗をかきやすい □  睡眠トラブル(不眠、多夢、覚醒)がある □  ほ...
    Read More
  • 五味について

    中医学には、薬食同源(やくしょくどうげん)という言葉があります。薬を飲むことと、食べることは同じくらい大切、という意味です。 食べものはその作用により、甘い・辛い・鹹(しおから)い・すっぱい(酸)・苦い、という五つの味(五味)に分類されています。 ほとんどは食べ物の味そのままですが、いくつかは味覚と異なる分類だったり、また複...
    Read More
  • 目指せ!秋美人

    夏の疲れがどっと出て、日中は残暑の暑さ、朝夕は秋の涼しさ、寒暖差が激しい季節は、とかく体調を崩しやすい季節です。 お肌にも疲れが出ていませんか・・・? 健康に、かつ美しく! は、女性の常の願いです。 女性に限らず人は、心も体も健康で美しくあった方が良いです。 免疫力が高まると・・・   風邪をひきにくい   病気に...
    Read More
  • 中医ダイエット

    このページをご覧になっている方は 「やせたい」 「キレイになりたい」 という方だけではなく、きっと 「病気になりたくない」または 「病気を治したい」 という方もいらっしゃると思います。 肥満は、容姿の問題だけでなく、生活習慣病と呼ばれる、あらゆる病気を引き起こす可能性を高めます。   中医ダイエットは、トータルバランスの整っ...
    Read More
  • 時間医学

    現代、時計遺伝子と、生活習慣病や老化、発がんの対応におおいに役立つとして、時間生物学研究が進んでいます。 月や太陽、地球など、大宇宙にはリズムがあり、同じように人間の体内、臓腑には、活動や休息の生体リズムがある、 これらは、例えば同じ治療を施すにあたり、最大の効果を得るために応用されています。もちろん、生体リズムをつかむことで...
    Read More
  • 湿邪の季節がやってきます

    日本の夏の特徴・・・それは湿度が高いことです。 日中の気温はおおむね30℃~35℃あたりですが、ヨーロッパなど他地域に比べて体感温度が高く感じるのは湿度が高いから、何故湿度が高くなるかというと、太平洋上の蒸発した水蒸気が混じった高気圧に日本列島がすっぽりと覆われるからといわれています。 もともと胃腸が弱い日本人、 『暑いから・・・...
    Read More
  • 関節痛ひざ痛

    中医学では、ひざ関節痛や腰痛といった関節や筋肉の痛みを総じて痺証(ひしょう)といいます。 痺証(ひしょう)は古くからある病気ですが、湿度や気温の変化の影響を受けて悪化しやすく、以前は梅雨時や冬季に多かったのですが、エアコンの普及に伴い現在では季節を問わずに注意が必要となってきました。 ひざ関節痛は、加齢によるものだけではありま...
    Read More